CMディレクターとして演出家のキャリアをスタート。1998年、NHK-BSキャラクター「どーもくん」のデビューを機に、徐々に活動の場をアニメーションへと広げていく。2003年にこま撮りを中心としたアニメーションスタジオ『ドワーフ』を立ち上げる。
「どーもくん」や「こまねこ」など、こま撮り作品を制作する傍ら、イラストレーション、絵本の執筆など創作活動は多岐に渡る。
2011年、サンディエゴで開催されたコミコンで、「ink-pot賞」を受賞。

Zapuniで支援する