こま撮りってなに?
コマの連続
キャラクター作りもそうですが、「こま撮り」もドワーフの得意技のひとつです。「こま撮り」は、人形や小道具を(時にはカメラも)人の手によって少しずつ動かしながら撮影していく伝統的な手法です。
「どーもくん」も「こまねこ」も「ウォレス&グルミット」も「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」も「ピングー」も、みんなこの手法で撮影されています。

ちなみに、英語では「stopmotion animation」といい、その中でも、人形を主に動かしているものを「パペットアニメーション」。 粘土を主に使ってるものを「クレイアニメーション」と言ったりしますが、ひとコマひとコマ撮影していくので「こま撮り」と呼んでいます。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

何もないスタジオに、セットを置いて、照明を当てて、カメラで切り取ると新しい世界が出来上がり、人形達が動き出すと、物語りやシーンが産まれる・・・。

空も山も太陽も、動きも表情も、みんな手作りの世界ですが、で、あるがゆえに、実写やCGにはない、あたたかみのある古くならない映像を作る事が出来るのです。

ドワーフには「こま撮り専用スタジオ」があり、アニメーターがいます。
「こま撮り」に興味がおありの方は、
お気軽に声をかけてください
>>お問い合せはこちら!

こま撮り撮影の風景 こま撮り撮影の風景 こま撮り撮影の風景 こま撮り撮影の風景 こま撮り撮影の風景 こま撮り撮影の風景 こま撮り撮影の風景 こま撮り撮影の風景 こま撮り撮影の風景 こま撮り撮影の風景 こま撮り撮影の風景 こま撮り撮影の風景 こま撮り撮影の風景 こま撮り撮影の風景